業者と友達との引越しを比べ

私は実家を出るとき引越し業者に依頼し、見積もりを取って引越ししました。方法はネットで安い引越し業者を探して連絡しました。メールのやり取りで見積もりの日時を伝えその日に来てもらいました。

荷物の量を伝え、来た時にその量に応じた段ボール箱を持って来てくれるのですがうまく伝わらなかったのか段ボールは伝えた量に対し数が少なかったので更に持って来てもらうことになりました。なので少し多めの量を伝えた方がいいかもしれません。

業者の方の印象なのですが大手の引越し業者とは違うからかあまりいい印象はなかったです。年下とはいえ、お客様に対しタメ口でいきなり話しかけて来るのはいかがなものかと思いました。業者の方が大まかにみて見積もりを出してました。「この量だったらこの金額になります。」と言われ最初の金額は4万円前後でした。そこから初めての引越しでお金はそんなに出せないと思い値段交渉し、下げてもらいました。

値段交渉は積極的にした方が絶対得です。難しければ親に頼んでもらうのもいいかもしれません。私の場合は私が交渉し、親が来て更に交渉して安くしてもらいました。お金はその見積もりの日に支払いました。

引越しの段取りの注意点

引越しは業者に頼むと当たり前だと思いますが頼んだものは丁寧に運んでもらえるのでいいと思います。引越しの注意点は、箱に細かく何を入れたか書くことです。それか写真を撮りカラーかモノクロ印刷して貼るのも手だと思います。箱にざっと荷物の名前を一括りにして書くと分からなくなります。特に1箱で収まらなくて何箱もある場合は特に分からなくなります。

そして、壊れやすいものはどれか業者の方にしっかり伝え丁寧に運んでもらった方がいいです。ざっくり書いていたと言うこともあり、業者の方も何が入ってるか分かってないので普段の運び方で運んでました。

業者の方が帰った後中身を見ると厳重に包んでた鏡が割れてました。なので、包み方にも問題があったのかもしれませんがしっかり伝えることは大事だと思います。

知人に手伝ってもらっての引越し作業

そして、次に引越した際は友達に手伝ってもらうと言う方法をとりました。友達だと手伝ってもらったお礼にご飯をおごる程度でお金があまりかからないのでコスト面ではとてもいいと思います。

ですが業者と違い何もかも自己責任になるし、荷物の運び方が分からなかったり、重たくて運びづらかったりと引越しにとても時間がかかるところがデメリットです。コスト面を考えて友達に手伝ってもらうのか、作業効率や時間を考えて業者に頼むのかいろいろ考えて引越しをしたらいいかと思います。

PAGE TOP ↑